Virtual Office

バーチャルオフィスはコストを抑えたい起業時におすすめです

握手

バーチャルオフィスというサービスは比較的最近提供されるようになってきたものなので、まだまだ認知が低いかもしれませんが、いわゆる住所を貸してくれるサービスのことです。法人登記や、郵送物の宛先、名刺やホームページに記載する住所として利用することができます。特に東京や都心一等地などの住所を利用できるケースが主になります。
バーチャルオフィスを利用することで、金銭的に負担の大きくなる一等地の住所を格安な費用で利用することができるのがまず大きなメリットでしょう。一般的にオフィスを構える際には、毎月の賃料や初期投資としての保証金、礼金、敷金、オフィス内装工事など多額な費用がかかりますが、バーチャルオフィスはそのあたりの費用を大きく抑えることができるので、資金に乏しい起業時には利用して損はないサービスです。
バーチャルオフィスは法人だけでなく、個人で起業する方も利用できるサービスです。士業の方など主に自宅で作業をしているが、自宅の住所を公にしたくない方などにも、自宅以外の住所を顧客に出すことができるので便利です。特に女性の方などプライバシーの確保や身の安全のためにも自宅住所を明らかにするのには抵抗がある方にはメリットが大きいと考えられます。起業のハードルを下げてくれるサービスとして、バーチャルオフィスの利用をぜひ検討されてはいかがでしょうか。