Virtual Office

起業の第一歩の手段としてのバーチャルオフィス

一昔前に比べて、現在は起業するのが簡単になりました。パソコンとインターネット回線さえあれば、どこでも自分のオフィスという世の中です。実際、東京の無料Wi-Fiのあるカフェでパソコン一つで仕事をして、決まったオフィスを構えないという個人企業家も増えています。実際、決まった場所にオフィスを構えるとなると、色々と物入りです。家賃は勿論、光熱費だってかかります。起業したばかりはなるべく出費は押さえたいのが本音というもの。
そこで便利なのが、バーチャルオフィスです。バーチャルオフィスというとイメージがわきにくいかもしれませんが、要は実際に東京や首都圏の土地代の高い場所にオフィスを構えて勤務するのではなく、自宅なりカフェなり好きな場所で仕事をしながら、会社の所在地の登記上は東京の一等地、なんてことが出来るのです。
例えば、副業として注目を集めている税理士や司法書士ですが、副業で事務所を借りるのは大出費です。出来れば自宅で少しずつやりたいけれど、住んでいるマンションによっては規約で事務所としての利用不可というケースも多いのでが実情です。そうした時にバーチャルオフィスだったら、仕事の依頼はインターネットを中心に受け付けて、作業は自宅やカフェで、というやり方が出来るのです。バーチャルオフィスは、働き方の可能性を広げる新しい仕事のスタイルなのです。

バーチャルオフィスのメリットはたくさんある

これから起業する方にとてもおすすめなものがあります。それがバーチャルオフィスです。事務所を構えるというのは、とても費用の掛かる事ですし様々な条件があったり、大変です。しかしバーチャルオフィスというのはその名の通り、敷金や礼金もかかりませんし維持費などもとても少なく負担が少ないです。内装工事をする必要などもありませんし、初期費用がかなり少なくて済むというメリットが1番大きいです。
さらに東京の一等地という住所に登記することが出来る事で、ホームページなどにも住所を記載することができるため、信頼度も高くなるという事でメリットもあげられます。これから起業する中で東京の一等地にオフィスを構えるというのは、実際本当に大変な事ですが、バーチャルオフィスであればそれも可能になる時代になりました。
女性経営者などは、自宅兼事務所の場合プライバシーの観点からも自分の住所を色々な所に記載するというのは少し怖い面もあるでしょう。しかしそういった面でもクリアになります。バーチャルオフィスの場合は、ほとんどの所で会議室などは準備されている事が多いので、東京都のオフィスを借りて行う事も出来ますので心配は必要ありません。

バーチャルオフィスを利用して都心の一等地に事務所を構えよう

会社の所在地がどこにあるかは重要な要素の一つです。特に、日本の政治や経済の中心地である東京に事務所があることは地方にしか事務所がない会社と比較して大きなメリットとなります。しかし、東京は地価が高くオフィスの賃料も高いため、地方に事務所を構えるのに比べて初期費用、維持費用共に大きなコストが掛かってしまいます。そこでオススメしたいのがバーチャルオフィスの活用です。
バーチャルオフィスは事務所として最低限必要な住所や電話番号などを実際に入居することなく借りるシステムのことです。実際に入居はしないことからバーチャルオフィス側は多数の顧客に貸すことが出来るため、価格は非常に安くなっており都心の一等地でも無理なく借りることが出来ます。また、多くのオフィスでは郵便物や電話の転送サービスを行っていることから電話応対等を行う人員をそのオフィスに配置しておく必要がなく、場所によっては会議室のレンタル等も可能であることから、他の地方に本社があり東京に事務所だけを開設する場合はもちろん、普段は自宅や客先などで作業するために事務所を持つ必要はないけど自宅を事務所として登録することが出来ない人や不安な人にもオススメです。
このようにバーチャルオフィスは安価で便利な存在であり、バーチャルオフィスを利用して東京都心の一等地に事務所を構えてみるのはいかがでしょうか。


起業の第一歩として、バーチャルオフィス格安を【ナレッジソサエティ】では提供しております。バーチャルオフィスでは最新の技術やシステムなどをご利用でき、また格安ですので仕事におけるコストダウンをはかることが出来ます。

女性